カイテキオリゴとはぐくみオリゴの成分・オリゴ糖の種類の違いを比較!

 

 

 

このページでは、「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」の

 

成分やオリゴ糖の種類について比較していきます。

 

 

 

★オリゴ糖の種類・成分を比較!

 

 

●カイテキオリゴ(オリゴ糖含有食品)

 

 オリゴ糖 3種類・・・ラフィノース、ミルクオリゴ糖、セロオリゴ糖

 

 カイテキオリゴには「乳糖」と「ショ糖」も含まれていますが、
 この2つはオリゴ糖ではありません。

 

 

●はぐくみオリゴ(オリゴ糖類食品)

 

 オリゴ糖 5種類・・・乳糖果糖オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、
           フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース

 

 

 

「カイテキオリゴ」には、3種類のオリゴ糖が入っています。

 

そして、「はぐくみオリゴ」には、5種類のオリゴ糖

 

はいっています。

 

 

オリゴ糖が複数入っているのは・・・

 

 

 

★「善玉菌の種類により、オリゴ糖との相性がある」からなんです。

 

 

 

「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」は、

 

腸内にオリゴ糖を届けて、善玉菌にオリゴ糖を吸収させることで

 

善玉菌を活性化させて増やし、腸内環境を改善して

 

便秘をスッキリさせるというもの。

 

 

ただ、善玉菌は30種類以上あり、その種類によって

 

オリゴ糖との相性があるので、オリゴ糖で善玉菌を増やすには

 

1種類のオリゴ糖よりも、数種類を組み合わせたほうが

 

効果が期待できるんです。

 

 

 

共通しているオリゴ糖は「ラフィノース」だけで、

 

あとは違うオリゴ糖になっています。

 

 

 

これは、「カイテキオリゴ」も「はぐくみオリゴ」も

 

善玉菌を活性化させるのに適したオリゴ糖の組み合わせを

 

独自に研究した結果なんです。

 

 

 

オリゴ糖の種類が多いのは「はぐくみオリゴ」です。

 

 

ただ、ラフィノース以外のオリゴ糖の種類は

 

違うものが配合されているので、組み合わせが違います。

 

 

ですので、オリゴ糖の種類が多いからいい、とは

 

いえないのではないかと思います。

 

 

こちら⇒カイテキオリゴの詳細へ

こちら⇒はぐくみオリゴの詳細へ

 

 

オリゴ糖の純度を比較

 

カイテキオリゴは「オリゴ糖含有食品」ですが、

 

はぐくみオリゴは「オリゴ糖類食品」

 

 

これは、カイテキオリゴには「乳糖」と「ショ糖」が

 

はいっているため、100%オリゴ糖ではないから

 

「オリゴ糖含有食品」になります。

 

 

はぐくみオリゴはオリゴ糖 100%なので、

 

「オリゴ糖類食品」になります。

 

 

 

オリゴ糖の純度で比較すると「はぐくみオリゴ」のほうが高純度ですが、

 

カイテキオリゴがオリゴ糖100%ではないからといっても

 

「乳糖」と「ショ糖」は少しの量なので、ほぼ100%といえます。

 

 

ですので、オリゴ糖の純度という点では、

 

気にするほどではないと思います。

 

 

 

オリゴ糖・成分の比較のまとめ

 

オリゴ糖の種類が多い、オリゴ糖の純度が高いのは

 

はぐくみオリゴ」となりました。

 

 

ただ、私の考えでは、純度は微妙な差なので

 

気にするほどではないのかなと思います。

 

 

また、オリゴ糖の種類も組み合わせも違うので、

 

種類が多いからいい、といえるのかは疑問です。

 

 

 

ただ、はぐくみオリゴに配合されている

 

「ガラクトオリゴ糖」「フラクトオリゴ糖」は気になりますね。

 

 

「ガラクトオリゴ糖」は母乳に唯一含まれているオリゴ糖なので、

 

妊婦さんや、赤ちゃんにも与えたい方にいいと思います。

 

 

また、「フラクトオリゴ糖」は、このオリゴ糖しか

 

活性化できない善玉菌もありまから、

 

より便秘への効果を実感しやすいかもしれませんね。

 

 

こちら⇒カイテキオリゴの詳細へ

 

こちら⇒はぐくみオリゴの詳細へ

 

 

カイテキオリゴ はぐくみオリゴ



 

「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」
北の快適工房、北の達人コーポレーション
hugkumi+(ハグクミプラス)