カイテキオリゴとはぐくみオリゴの効果の違いを比較!

 

 

 

カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」の効果の違いについて

 

を比較していきたいと思います。

 

 

 

期待できる効果の違いは、配合されているオリゴ糖の働きを見ることで

 

わかると思いますので、「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」に配合されいてる

 

オリゴ糖とその働きを紹介します。

 

 

カイテキオリゴに配合されているオリゴ糖

 

 

カイテキオリゴに配合されているオリゴ糖は

 

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、セロオリゴ糖」です。

 

さらに、オリゴ糖ではないですが、「乳糖、ショ糖」も少しだけ含まれています。

 

 

 

●ラフィノース

 

ラフィノースは、「ビート(砂糖大根)」から分離精製してつくられる
天然オリゴ糖です。

 

消化されにくいので、胃や小腸で消化吸収されずに大腸にとどいて、
腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして、腸内環境を改善してくれます。

 

また、カルシウムやマグネシウムを吸収しやすくしてくれる
効果もあります。

 

 

●ミルクオリゴ糖(ラクチュロース)

 

ミルクオリゴ糖は、胃や小腸では消化・吸収されにくいので、
大腸にとどいて、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。

 

食物繊維と似たような働きをするので、
便の水分量を増やして便をやわらかくしてくれます。

 

 

●セロオリゴ糖(セロビオース)

 

セロオリゴ糖は、蜂蜜、松葉、トウモロコシの穂軸、ワイン、日本酒などに
ごく微量、含まれているオリゴ糖です。

 

胃や小腸で消化吸収されず、大腸に届き、腸内環境を改善します。

 

セロオリゴ糖と相性のよい善玉菌もあるため、
他のオリゴ糖と一緒に取り入れることで1種類のオリゴ糖を摂取するよりも
高い効果が期待できます。

 

 

 

 ■乳糖(ラクトース)

 

 乳糖は、母乳・牛乳に含まれている糖類で、オリゴ糖ではありません。

 

 牛乳でお腹がゴロゴロしたり、下痢したりするのは、
 乳糖の消化がしっかりできないために起こります。

 

 摂取することで、腸内細菌を増やして、腸内環境を整えてくれます。

 

 また、カルシウム、マグネシウムの吸収をよくしてくれます。

 

 

 ■ショ糖(スクロース)

 

 ショ糖は、サトウキビやテンサイによりつくられるもので、
 オリゴ糖ではありません。

 

 上白糖や角砂糖として販売されいているものです。

 

 砂糖と呼ばれているもののほとんどが「ショ糖」です。

 

 カロリーの素となって、人の活動の源となります。

 

 

こちら⇒カイテキオリゴの詳細へ

 

こちら⇒はぐくみオリゴの詳細へ

 

 

はぐくみオリゴに配合されているオリゴ糖

 

 

はぐくみオリゴに配合されているオリゴ糖は

 

ラフィノース、乳糖果糖オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖」の

 

5種類です。

 

はぐくみオリゴは、オリゴ糖100%なので、オリゴ糖以外のものは含まれていません。

 

 

 

◆ラフィノース

 

 ラフィノースは、「ビート(砂糖大根)」から分離精製してつくられる
 天然オリゴ糖です。

 

 消化されにくいので、胃や小腸で消化吸収されずに大腸にとどいて、
 腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして、腸内環境を改善してくれます。

 

 また、カルシウムやマグネシウムを吸収しやすくしてくれる
 効果もあります。

 

 

◆乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース)

 

 乳糖果糖オリゴ糖は、発酵ヨーグルトに少量含まれているもので、
 主に天然のサトウキビのショ糖と、牛乳の乳糖を原料として作られます。

 

 消化吸収されることなく大腸にとどいて、
 ビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれるので、
 整腸作用や腸内環境を整える働きがあります。

 

 虫歯にもなりにくく、ミネラルの体内吸収を促進してくれる
 働きもあるといわれています。

 

 また、厚生労働省により特定保健用食品として認められている成分です。

 

 

◆ガラクトオリゴ糖

 

ガラクトオリゴ糖は、牛乳の初乳や母乳に含まれているオリゴ糖で、
乳糖を原料としてつくられます。

 

消化吸収されずに大腸にとどいて、ビフィズス菌を増やしてくれるので、
整腸作用・腸内環境の改善効果や、ミネラルの吸収を助ける働きもあります。

 

牛乳に含まれているタンパク質の消化吸収を助ける働きもあるので、
赤ちゃんの体の成長にとても役立つといわれています。

 

消費者庁により、規格基準型特定保健用食品として認証されています。

 

 

◆フラクトオリゴ糖

 

フラクトオリゴ糖は、ニンニク、アスパラガス、タマネギ、ネギ、ゴボウ、大豆などの野菜類、蜂蜜などに含まれているオリゴ糖です。

 

大腸にとどいてビフィズス菌を増やし、腸内環境の改善してくれます。

 

また、カルシウムの吸収を助けたり、コレステロール値を低下させる
働きもあるとされています。

 

 

◆キシロオリゴ糖

 

キシロオリゴ糖は、竹の子やトウモロコシに含まれているオリゴ糖です。

 

消化吸収されずに腸まで届き、ビフィズス菌を増やして
腸内環境を整えてくれます。

 

また、カルシウムの消化吸収を助ける働きもあります。

 

 

こちら⇒カイテキオリゴの詳細へ

 

こちら⇒はぐくみオリゴの詳細へ

 

 

「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」の効果のまとめ

 

善玉菌にはいろいろな種類があって、

 

人に腸内に優位になっている善玉菌も人それぞれなんです。

 

 

また、善玉菌とオリゴ糖には相性があるので、

 

オリゴ糖を数種類組み合わせるほうが、腸内環境の改善や

 

便秘をスッキリさせる効果がでやすいんですね。

 

 

ですので、「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」も

 

複数の種類のオリゴ糖を組み合わせています。

 

 

 

オリゴ糖の性質は、

 

「低カロリーで消化吸収されにくく、大腸内の善玉菌のエサになって善玉菌を増やしてくれる」

 

というのが共通しているので、

 

「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」も便秘に悩んでいる方に

 

ぴったりの健康食品です。

 

 

 

どちらがいいのか、というのは、オリゴ糖の種類でみると

 

「カイテキオリゴ」が3種類、「はぐくみオリゴ」が5種類なので、

 

はぐくみオリゴがたくさんの種類のオリゴ糖が入っています。

 

 

あなたの腸内の善玉菌と、どのオリゴ糖の種類が相性がいいのかは

 

実際につかってみないと分らないので、両方試すのがベストです。

 

 

でも、どちらか1つを購入したい方は、

 

「はぐくみオリゴ」のほうがオリゴ糖の種類が多いので、

 

その点から購入するほうを選んでもいいと思います。

 

 

こちら⇒カイテキオリゴの詳細へ

 

こちら⇒はぐくみオリゴの詳細へ

 

 

カイテキオリゴ はぐくみオリゴ



 

「カイテキオリゴ」と「はぐくみオリゴ」
北の快適工房、北の達人コーポレーション
hugkumi+(ハグクミプラス)